North by Nuuk, Greenland After Rockwell Kent
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

North by Nuuk, Greenland After Rockwell Kent

¥9,900 税込

送料についてはこちら

アメリカの写真家Denis Defibaughによるグリーンランドとそこに住むイヌイットの暮らしぶりを追ったドキュメンタリー写真集。 アメリカの名門ロチェスター工科大学の教授でもある彼はこのプロジェクトでNational Science Foundationから潤沢な研究費を得て約3年に亘り、都市Nuuk(ヌーク)、Illorsuit(イロルスイト)、Sisimiut(シシミウト)、Uummannaqanak(ウマナック)の4箇所を巡回する。 これらの都市は、1929年〜1935年の間、アメリカの著名なイラストレーターで著述家のRockwell Kent(1882 –1971)が制作の拠点を置いた場所でもあった。Kentはこれらの都市を廻り、そこで生活し、イヌイットと触れ合い、”Salamina – Memoir of his first Arctic winter (1931–32)”などの数々の名作を生み出した。 彼はイラストや著述のみならず主にイヌイットの暮らしぶりを撮影していたが、これらの写真の多くは公にされなかった。この部分がDenisの写真家としての血をたぎらせる。 「Kentの経験してきたグリーンランドに、自分の見たグリーンランドを写真で付け加えたい」と決心する。 Denisは、Kentが描いてきたイヌイットの暮らしぶりに関する経験的なイラストや著述を1つの民族誌と捉えた。そして、この経験的事実と、85年後の現代のグリーンランドを比較することによって、イヌイットの生活文化の個別性と普遍性を探究しようとしている。 『North by Nuuk, Greenland After Rockwell Kent』は、Rockwell Kentの業績への橋渡しとして、私たちに、85年前のイヌイットへの探求欲を芽生えさせることになる。